地球を斬る

角川文庫

佐藤 優

2009年8月25日

KADOKAWA

748円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

剥き出しの利害が衝突する新帝国主義の世界。日本国家は何をなすべきか?靖国問題、竹島・北方領土問題、拉致問題、国内の格差問題…。問われているのは政治と外交のインテリジェンスを強化し、国家の生き残りを図ることである。ロシア、イスラエル、アラブ諸国など世界の動向を分析、北朝鮮ーイランが火蓋を切る第三次世界大戦のシナリオと、勢力均衡外交の世界に対峙する日本の現状を国際スタンダードの視点で読みとく。文庫化にあたり、計100枚の新規原稿を加筆・収録。新規に書き下ろされているのは、自身に下された有罪判決確定への思い、そして、判決確定に際し外務省が密かに行ったある「方針転換」についての考察から書き起こされる『Qさんへの手紙ーーテロリズムを超えて「思考する世論」をどうつくるか」、及び、北朝鮮による拉致・核問題打開に向けて日本政府が取るべき戦略を明快に提言する『北朝鮮のシナリオ』の2篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください