ちょんまげ、ちょうだい

ぽんぽこもののけ江戸語り

角川文庫

高橋由太

2011年11月30日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

時は江戸。下町神田では、腹を空かせた美貌の剣士と、可愛らしい町娘姿の狸の妖かしが、口入れ屋を訪ねていた。2人の名は小次郎とぽんぽこ。生活の糧を得るため、妙な仕事を請け負うはめになるが…。一方巷は、大太刀で侍どもの髷を斬り落とす謎の辻斬り“ちょんまげ、ちょうだい”の噂でもちきりに。小次郎も騒動に巻き込まれ…!?美貌の剣士と天然妖かし娘のコンビが大活躍の、お江戸もののけ大活劇。シリーズ開宴。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.2

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

14

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください