きりこについて

角川文庫

西 加奈子

2011年10月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小学校の体育館裏で、きりこが見つけた黒猫ラムセス2世はとても賢くて、大きくなるにつれ人の言葉を覚えていった。両親の愛情を浴びて育ったきりこだったけれど、5年生の時、好きな男の子に「ぶす」と言われ、強いショックを受ける。悩んで引きこもる日々。やがて、きりこはラムセス2世に励まされ、外に出る決心をする。きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこととは?読者からの熱烈な支持を受け、ついに文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(25

starstarstar
star
3.57

読みたい

42

未読

28

読書中

12

既読

223

未指定

134

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

自分を受け容れて生きるためのアドバイス

starstarstar
star
3.5 2021年01月27日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

良かった。

starstarstarstar 4.0 2020年02月16日

はじめは、ぶすという言葉、表現がとても多くて嫌になったが、読み進めるうちに、価値観を揺るがす作品だとわかった。読んで良かった。

全部を表示

non_ne_jp

ラムセス2世

starstarstar 3.0 2020年01月23日

終始、高見の視線で面白かった。 やはり、独特な文章で。ん??てことも、次の瞬間には、解決と衝撃がくる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください