人生はいつもちぐはぐ

角川ソフィア文庫

鷲田 清一

2016年10月25日

KADOKAWA

924円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

昔のおとなが背中で伝えた、生きるうえで大切なこと。未来の同業者にみっともない仕事はできないという、職人の矜持。般若心経を丸ごと暗記した五歳児のまなざしの先にあるもの。大きな災害を前に口ごもるしかない、私たちの気持ちー。生きることの機微をめぐる思考が、日々の出会いやエピソード、遠い日の記憶から立ち上がる。まなび、痛み、しあわせ、自由、弱さなど、身近なことばを起点に広がってゆく哲学エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.7

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

三日月ロック

哲学者の日常エッセイ

starstarstar
star
3.7 2019年11月21日

日常にありふれた問題について著者独自の視点から 様々な考察がなされているボリューミーな本。 一読して全て理解できたとは言い難く、また読了するまでにも それなりに時間がかかったが、著者の思考力が生み出す 味わいある文章が私の読みたい気持ちを駆り立てた。 論じている内容が多岐に渡るため、実際に手に取って 読んでみることをオススメしたい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください