江戸三百年を読む(上(江戸騒乱編))

傑作時代小説

角川文庫 角川ソフィア文庫

縄田一男

2009年9月30日

角川学芸出版

859円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

百万都市「江戸」はどのように生まれ、泰平の世に何が起こったのか。江戸の誕生と薄れゆく戦国武士の気概を描く「江戸っ子由来」、国家老の刃傷事件に伊達騒動の意外な結末をさぐる「原田甲斐」、忠臣蔵に隠された製塩争いの真相に迫る「柳沢殿の内意」-。家康入城から元禄時代まで、江戸をゆるがす事件や騒動、渦中の人間模様を描いた珠玉の9編を収録。江戸三百年を時代小説で味わうアンソロジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください