パリ、娼婦の館

メゾン・クローズ

角川文庫 角川ソフィア文庫

鹿島茂

2013年10月25日

KADOKAWA

1,012円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

19世紀、パリ。夜の闇に光る赤いネオンサインで、男たちを誘う娼婦の館があった。メゾン・クローズ(閉じられた家)とは、どのような場所だったのか。そこに集う娼婦や紳士たちは、いかなる饗宴を繰り広げていたのか。数々の文学作品や歌劇の中で妖しく魅力的に描かれてきた娼婦たちの真実と、これまで明らかにされることのなかったメゾン・クローズの深部に迫る。貴重な写真や資料をもとに社会を読み解く、画期的な文化論!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.8

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください