神々の血脈(第7話)

角川文庫 角川スニーカー文庫

西谷史

1989年12月31日

角川書店

374円(税込)

ライトノベル

超古代の神々は、倭系、ヘブライ系の二派に分かれ、現代の人間たちに憑依して、激しい戦いを繰り広げていた。ホルス島では大穴に大積柱が突入し、ついてHidden systemが世界同時稼動。古神社では無気味な赤光が現われ、玄武、陸吾らが暴れ始めた。一方、倭系アーリアのヘカテは、KGBに追われる身となり、愛する天才・荒木田のもとを離れ、逃亡する。現代にSF黙示録の世界を再現する超ハード伝奇ロマン。終局へ向かって大きく展開するシリーズ第7弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください