百鬼夜翔黄昏に血の花を

シェアード・ワールド・ノベルズ

角川スニーカー文庫

西奥隆起 / 柘植めぐみ

2001年4月30日

角川書店

628円(税込)

ライトノベル

地底深く、黄昏の光に閉ざされた奇妙な花園。妖怪ハンター石動と、失踪した友人を探す娘ルゥは、奇しくも時を同じくしてこの花園にたどり着くが…(第3話黄昏に血の花を)。他、現代によみがえって旅客機を襲いはじめた妖怪戦闘機「月光」撃墜作戦(第1話横浜上空、異常あり)、港のマスコット・キャラクター「ワーフ君」にのびる、闇の妖怪ネットワークの魔手(第2話白と黒の番人)を収録した『妖魔夜行』の後継シリーズ第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください