涼宮ハルヒの退屈

角川スニーカー文庫

谷川 流 / いとう のいぢ

2003年12月27日

KADOKAWA

726円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル

ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.8

読みたい

6

未読

23

読書中

2

既読

95

未指定

163

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください