黎明に向かって翔べ

角川ビーンズ文庫

高殿円

2002年8月31日

角川書店

502円(税込)

ライトノベル

琅蘭帝国には、ひとつの神話がある。滅びと戦を司る天狼君。その化身は右手に瑪瑙を握って生まれる。世が禍で満ちたとき、かの者は赤狼を従え民を導くという。「怪異だ!赤いーけものが…!」皇子太白の率いる琅蘭軍の窮地を救ったのは、赤い翼をもつ狼だった。自らの危機に幾度となく現れる妖獣を前に太白はー。翔べ、さもなくば滅べ。衝撃のエキゾチック・ファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください