魔動王グランゾート(3)

角川文庫 角川スニーカー文庫

広井王子 / レッド・カンパニー

1989年12月31日

角川書店

598円(税込)

ライトノベル

耳なが族のラビが加わって、ついに光の三戦士がそろった。ようし、こうなりゃ、邪動族なんぞ、イチコロさ。ぼくらは、〈闇〉を封じ込めるために、聖地ラビルーナに向かった。その真ん中にある〈闇の魔法陣〉を光の粒で埋めなきゃならない。でも邪動族もしつこい。シャマン、エヌマ、ナブーが、魔法陣を掘り起こそうと、襲ってきた。ガス、ラビとぼくは力を合せて、一度は邪動戦士を撃退したんだ。だけど、その後に、もっとすげぇ敵が出てきやがった。でも、負けるわけにはいかないぜ。これが最後の決戦だ。小説版「グランゾート」、圧倒的なクライマックス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください