憐(遠いキモチと風色のソラ)

角川スニーカー文庫

水口敬文

2005年12月31日

角川書店

586円(税込)

ライトノベル

未来から、現代に流刑として墜とされた少女、朝槻憐。その前に現れた『彼』とは、未来を支配する演算装置『時の意思』の人格であった。その目的は、憐自身ではなく、玲人を殺して未来を変えること。「玲人がいるから、私はこの時代でかけがえのないものを見つけられたんだ!」憐の玲人を守るための、そしてなにより自分自身のための最後の戦いが始まったー。少女の絶望が希望に変わる、運命のピュア・ストーリーついに完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください