聖地感覚

鎌田東二

2008年9月30日

角川学芸出版

2,095円(税込)

人文・思想・社会

三輪山、熊野、天河…。古より、多くの人々が惹きつけられてきた場所がある。「聖地」だ。国内外の聖地を数多く巡ってきた宗教学者が、京都・東山の闇夜を身一つで巡り歩いた。みえてきたのは、自らの中の腐敗ー。聖地は人に、大地の底から湧き上がるエネルギーと霊気を感得させ、自然界での人のありようと、自分自身のありようを知らしめる。聖地を感じる、刺激的なフィールドワークの記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください