「待つ」ということ

鷲田 清一

2006年8月30日

KADOKAWA

1,540円(税込)

人文・思想・社会

現代は、待たなくてよい社会、待つことができない社会になった。私たちは、意のままにならないもの、どうしようもないもの、じっとしているしかないもの、そういうものへの感受性をなくしはじめた。偶然を待つ、自分を超えたものにつきしたがう、未来というものの訪れを待ちうけるなど、「待つ」という行為や感覚からの認識を、臨床哲学の視点から考察する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.24

読みたい

9

未読

6

読書中

6

既読

18

未指定

44

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

三日月ロック

抽象的で難しい

starstarstar
star
3.5 2021年01月13日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください