アメリカとパレスチナ問題

アフガニスタンの影で

角川oneテーマ21

高橋和夫(国際政治学)

2001年12月31日

角川書店

628円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

なぜテロはアメリカを狙ったのか。この背景には、アフガニスタンはもちろん、中東パレスチナ問題に関与してきたアメリカの外交政策があった。本書ではテロ、暗殺、ハイジャック、人質事件、陰謀の渦巻く中東政治について、90年代以降の流れを中心に説明する。ラビン、ネタニヤフ、シャロン、PLOのアラファト、中東を代表する政治家達の戦略とは?そしてそれに関与してきたアメリカ側の思惑とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください