空色パンデミック(3)

ファミ通文庫

本田誠

2010年9月30日

エンターブレイン

616円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル

本当の空想病患者は誰なのか。漠とした疑問を胸に、僕は不確かな日常を過ごしていた。そんなある日、僕の感染事例に興味をもつ米国研究所長が来日した。面会すると…え?この少女が所長?一方、数日後に控えたクリスマスの準備中、結衣さんに一冊の本を渡された。空想病を題材にしたその小説に僕はなぜか違和感を覚える。思い返すと、その時からだったんだ、僕の世界が崩壊を始めたのはー。狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」第3巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください