B.A.D. チョコレートデイズ(3)

ファミ通文庫

綾里 けいし

2012年7月30日

KADOKAWA

704円(税込)

ライトノベル

どうしてこうなった…。七海が挑発し、白雪がプライドを賭け、繭墨が油を注いだ料理対決という惨状に、僕は頭を抱えるー『クッキング・オブ・ヘル』学校の時計塔で少女たちが消えてゆく。友人を助けるため立花梓は再び嵯峨雄介に助けを求めるがー『さよならの時計塔』桜の下で、繭墨あざかはただ不吉に美しい。それ故に僕は絶望するしか出来なかったー『僕が彼女を理解できない不条理』他、全4編で贈るチョコレートデイズ・セレクション第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください