キルミルカタル

眼ノ宮瞳子の眼球探し

ファミ通文庫

緋色友架

2014年2月28日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

今日も今日とて、理由もなく殺人に耽っていたら最悪な奴に遭遇した。郷弥視央。この世で最も嫌いな幼馴染みだ。しかも眼ノ宮瞳子という名の怯えた眼帯少女まで一緒に。どうせなにか企んでいるんだろうと思ったらー瞳子が失くした眼球“魔眼”を探してくれだと。持ち主は殺人に引き寄せられるからって、そんな眉唾な話。弱みを握られてる俺は従うしか選択肢はないんだよな?第15回えんため大賞特別賞、殺人鬼と魔眼が織り成す狂気で異常な罪悪綺譚。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

6

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください