かまどの嫁(2)

紫はなな

2015年10月31日

KADOKAWA

1,320円(税込)

小説・エッセイ

陰陽師家に縁づいた霊力なしの娘・鹿の子。菓子作り以外はてんで役立たずで、ついには厨房が寝室に。そしてついた呼び名は「かまどの嫁」-今回鹿の子が挑む課題は、“旨いだけではならぬ菓子”。ある辛い条件をのめば、その答えは手に入るが…心つなぐ和菓子を作る物語、第二弾!元パティシエの著者によるレシピつき。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

10

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年09月22日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください