井上ひさし希望としての笑い

むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく…

角川SSC新書

高橋敏夫(文芸評論家)

2010年9月30日

角川マガジンズ

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

残された言葉があれば、わたしたちは生きていけるー惜しまれて逝った偉才・井上ひさしは、庶民の目線をつらぬき、人を、家族を、社会を、国家を、戦争を、平和をえがきつづけた。わたしたちを魅了する代表的な作品から、「希望としての笑い」をキイワードに、親交のあった文芸評論家が哀悼の意をこめて書き下ろす、決定版「井上ひさしの世界」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください