大戦略日独決戦(開戦編)

カドカワノベルズ

桧山良昭

1992年2月29日

角川書店

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

1941年、独ソ戦の最中にスターリンが暗殺された。ゲシュタポの陰謀によって、ソ連共産党の指導部もろとも爆発されたのだ。独裁者を失った赤軍は敗走、モスクワは陥落し、第三帝国の版図はバイカル湖まで拡がった。これに呼応した大日本帝国はシベリヤに進出、枢軸国がユーラシア大陸を席捲したかにみえた。がー野望に燃えるヒトラーの次なる目標は、満州、そして日本だったのだ。精強関東軍VSドイツ機甲師団。激戦の火蓋が切って落とされた。ウォーシミュレーション巨編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください