宇宙皇子(妖夢編 7)

カドカワノベルズ

藤川桂介

1991年7月31日

角川書店

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

星暦770年1月、62歳の高齢で即位した光仁帝は、先帝と道鏡によって歪められた政を正すべく、思い切った粛清に踏み切った。平城京の新たなる出発の時であった。一方、この政の動きを静かに見守る宇宙皇子、そして金剛山の鬼たちは、多くの犠牲者を出した死闘の痛手をようやく癒し、新体制のもと、宿願・流民王国再建に向け、本格的に活動を開始した。しかし、金剛山に溢れる明るい期待感とは裏腹に、各務の苦悩は深まっていた。人と仏の狭間にあって、神たる皇子への愛は許されるものなのか…。様々な想いを秘めて、新生金剛山の夜は更けゆくー。雄大なる歴史を舞台に展開する書下し異次元童話。感動のシリーズ第7弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください