マヴァール年代記(3)

カドカワノベルズ

田中芳樹

1989年7月31日

角川書店

768円(税込)

小説・エッセイ / 新書

大陸暦1093年3月1日。マヴァール皇帝カルマーン2世は、アデルハイド姫との婚礼の席上、クールラント軍侵攻の報をうけ、急遽、大軍を親率、戦場へ直行した。ウルガール軍との連係作戦を看破し、両軍の不法侵入を撃退、1日にして2国軍を潰滅させた。そして、今また、クールラントに遠征。史上空前の版図に加え、新たな勝利を手中に収めようとしていた。が、ウルガール軍逆襲の報で本国に帰還途中、エルデイ軍の奇襲を受け、大敗をこうむった。これら時機を得た敵襲は一本の謀略の糸で操られていた…。5月19日。リュテッセンの野における、マヴァール帝国の支配権をかけた死戦はたった2人の正面決戦となったー。3部作、堂々の完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください