ハロウィンに消えた

カドカワノベルズ

佐々木譲

1995年9月30日

角川書店

854円(税込)

小説・エッセイ / 新書

シカゴ郊外の町パクストン。日本企業クラタが買収した同市のオルネイ社工場は、労務管理で米国人の従業員や市民との間に様々な軋轢を生みだしていた。神話ともて囃された“日本的経営”も差別としか映らない。脅迫状。不審火。姿なき抗議がオルネイ社を襲う。そして、子供たちが心待にしていたハロウィンの日。工場に爆弾が仕掛けられたという騒ぎの後、日本人の少年が消えたー。誘拐か、事故か、それとも…。オルネイ社の問題を調査にきた経営コンサルタント・田畑賢作は、この町の深き亀裂を目のあたりにしていく。日本経済の崩壊を暗示した緊迫の9時間。戦慄のハードサスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください