まいごなぼくらの旅ごはん

メディアワークス文庫

マサト 真希

2015年12月25日

KADOKAWA

649円(税込)

ライトノベル

体を壊して失職中の颯太。大学を休学中の、食いしん坊女子ひより。人生迷子な二人は、亡き颯太の父が遺した小さな食堂『風来軒』で出会う。町の人たちから愛されたこの食堂を存続させるため、二人は新たなメニューを探して旅に出る。父の最期の料理はどこに?幻の絶品コロッケの材料は?東京から岩手、北海道へ。二人が歩む“おいしい旅”。元気になれるフード&ロードノベル、登場!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

1

未読

7

読書中

0

既読

12

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

すごくいいお話でした。

starstarstarstarstar 5.0 2020年08月07日

たくさん、色んな食べ物が出てきてどれもこれもとても美味しそうでした。 宴会帰りに豊子さんが言った一言や、ゆうこさんに出会えた時、ユリさんに言った颯太くんの言葉などなぜだか私には泣ける場面がいっぱいでした。 最初から最後までとても素敵なお話です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください