バベロニカ・トライアル 西春日学派の黄昏

電撃文庫

海羽 超史郎 / ふゆの 春秋

2014年9月10日

KADOKAWA

715円(税込)

ライトノベル

研究都市、西春日市。学派と呼ばれる集団が、都市の地下で実験を繰り返す。そのような都市は全国にいくつもあり、各学派がしのぎを削っているという。西春日市で高校生活を謳歌する箒場葉柄の許に、幼馴染みが帰ってきた。嵯峨野学派主席教授の娘、八重垣櫻である。白いワンピースに麦わら帽子、整った白磁の容貌。絵に描いたようなお嬢様だが、その本質を知る葉柄にとっては頭痛の種。自由奔放な櫻に翻弄されることに。だが気ままに見えた櫻の言動には目的があった。それは学派がひた隠しにしてきたある事故に関わるものでー。青春サイエンスフィクションの登場!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください