ご主人様は山猫姫(4(辺境若輩英雄編))

電撃文庫

鷹見 一幸 / 春日 歩

2010年3月10日

KADOKAWA

671円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

晴凛たちを反逆者とする帝国は精鋭三万の兵を増援する。しかも、全軍を指揮するのは、最年少の科挙合格者で名高い沢樹延銘だった。この沢樹、実は伏龍とは錬涯塾の同門で、どうも因縁の仲らしい。油断ならぬ敵と大軍、八方塞がりの晴凛たちであった。伏龍は敵の攪乱を狙うが、すべてを読み切った沢樹によって手痛い反撃を食らってしまう。数も半減し、篭城戦が苦手なシムールの兵は、侘瑠徒から退去することに。それはミーネだけでも助けたいという晴凛の願いでもあった。これがミーネと晴凛の今生の別れとなってしまうのかー。大人気シリーズ、第4弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください