狼と香辛料IV

電撃文庫

支倉 凍砂 / 文倉 十

2007年2月10日

KADOKAWA

671円(税込)

ライトノベル

狼神ホロの故郷ヨイツを探すため、北を目指す行商人ロレンス。異教徒の町クメルスンで得た情報をもとに、二人は田舎の村テレオにやってくる。テレオの教会にいる司祭は、異教の神々の話だけを専門に集める修道士の居場所を知っているという。しかし、教会を訪れたロレンスとホロを出迎えたのは、無愛想な少女エルサだった。さらにそこで、ロレンスたちは村存続の危機に巻き込まれてしまう。二人はヨイツへの手がかりをつかみ、無事に村を出立できるのか…。話題の異色ファンタジー、第12回電撃小説大賞「銀賞」受賞作第4弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

7

読書中

0

既読

10

未指定

13

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

支倉凍砂「狼と香辛料Ⅳ」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください