スメラギガタリ 〜新皇復活篇〜

メディアワークス文庫

宇野 朴人

2011年3月25日

KADOKAWA

781円(税込)

ライトノベル

1984年、帝都東京。陰陽寮で優秀な術士として働く安倍晴明の子孫・土御門晴見は、ある日、かねてより陰陽寮による呪的業界の一方的な支配に不満を覚え続けていた在野の陰陽師・芦屋道代から呪力蜂起の宣言を受ける。誘拐を予告された皇族の姫君・澄香殿下を守るため、退魔の一族の末裔・殿克夜らと共に厳戒態勢に入る晴見らだったが、相手の思惑は彼女らの予想を超えたものだった。千年の昔に非業の死を遂げた「ある人物」を鎮魂すること、それが道代の悲願だったのだー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

5

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください