桃と鬼の轍

なぞらえ屋秘匿文書

電撃文庫

有里紅良

2011年4月30日

アスキー・メディアワークス

627円(税込)

ライトノベル

中学時代の親友・麻耶が飛び降り自殺をした。直前に彼女からの電話を受けていた榊原真沙美は事実を受け止めることができず、偶然その場に居合わせた同級生の坂東亮輔に縋る。事情を聞いた亮輔は、麻耶の死があまりに不自然であることを指摘し、一緒に死の真相を探ろうと真沙美を促した。そして、自分にはその力がある、とも…。“なぞらえ屋”という集団に所属する亮輔は、“なぞらえ”の力をもって麻耶の死の謎を追う。“なぞらえ”というのは、古から綿々と続く魔法のようなものー。真沙美は亮輔に、そして“なぞらえ屋”にすべてを託すことを決意するのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください