凩の蝶

西村寿行

1987年5月31日

角川書店

1,078円(税込)

小説・エッセイ

警視庁警部舞坂正路は海外研修中の留守に妻を殺害された。事件の核心がつかめぬまま職を辞して犯人への復讐を誓った。季節は木枯らし吹きすさぶころだった。妻は殺される前、北海道の実家へ行き夜船で沖へ出ていた。一方、近くの半島でドライブ中の夫婦が転落死していた。同夜石仏町の漁師が出漁していたのに不審を抱いた舞坂は捜査に乗り出したが、事件の真相は複雑な様相を呈していた…。巨大な組織の陰にひそむ悪い血筋を辿ると、謀略の血が流され、呪われた血は夥しい死を運んだのだった。待望の本格ハードサスペンス巨編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください