巷説百物語

京極夏彦

1999年8月31日

角川書店

2,090円(税込)

小説・エッセイ

時は、江戸。巷の闇の色は濃い。その闇を縫うように、あやかしたちの姿がほのかに立ち上る。小豆洗い、白蔵主、舞首、芝右衛門狸、塩の長司、柳女、帷子辻…。それは、現か、幻か、それともーと、その刻、小股潜りの又市の鈴が密やかに鳴り、山猫廻しのおぎん、考物の百介、事触れの治平の姿が現れる。「御行奉為ー」いつの世も、不可解な事件は決して跡を絶つことがないー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

219

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください