アラビアの夜の種族

古川日出男

2001年12月31日

角川書店

2,970円(税込)

小説・エッセイ

聖遷暦1213年、偽りの平穏に満ちたカイロ。訪れる者を幻惑するイスラムの地に、迫りくるナポレオン艦隊。対抗する手段はただひとつ、読む者を狂気に導き、歴史さえも覆す一冊の書ー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.77

読みたい

10

未読

4

読書中

1

既読

13

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

awahira

(無題)

starstarstarstar
star
4.5

冒険譚は少年だけのものか。否。全ての女性に大人に老人に、この翻訳書をお勧めしたい。 こんなにハラハラ・ドキドキする本は久しぶりだ。いい大人だがどんどん引き込まれた。本書の元となった物語は読者を一時も離さない「災厄の書」と嘯かれるが、本当にそうなのでは…と思わせる力があった。文庫本にして3冊だが、あっという間に読んでしまった。 先が気になる故に、本書や原作について検索してはならない。折角の楽しみが台無しだ。 …本書の仕掛けにはもちろん、理解している。出来る限り多くの人が、読み終えてから気付きますよう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください