波瀾万丈の映画人生

岡田茂自伝

岡田茂(1924-)

2004年5月31日

角川書店

1,870円(税込)

エンタメ・ゲーム

広島出身のガンボウは、戦後、東横映画(現東映)に入社し、映画人生を始めた。「きけ、わだつみの声」を初プロデュースして大ヒットさせ、スタッフ、俳優から厚い信頼を得る。映画黄金時代に入ると「時代劇の東映」を支え、その後、任侠映画や実録映画への大胆な路線変更を行った。常に時代のニーズにあった映画を提供し、日本映画界の中心にある岡田茂が、映画づくりに情熱をかける人々の姿と真実を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください