魔王なあの娘と村人A(6) 〜彼女の普通とあの娘の特別〜

電撃文庫

ゆうき りん / 赤人

2013年8月10日

KADOKAWA

583円(税込)

ライトノベル

ある日“魔王”竜ヶ峯桜子と俺はスーパーでカートに話しかけている“メデューサ”の石杷実鬼灯を見かけた。物と人の区別つかないってのは個性者の中でも重度らしい。竜ヶ峯が気を使って話しかけると石杷実はなんと彼女を『普通』と言い捨てて去ってしまう。『魔王』なのに『普通』-大ショックの竜ヶ峯。そんなことがあった翌日、デッカー先生から呼び出されて行ってみるとそこには昨日に続き石杷実が。先生曰く、彼女が『個性者をやめたい』と言い出したとか。さすが“メデューサ”だけに『眼』のつけ所が違ーって感心してる場合か!いや、え、マジ?そんなことできんの!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

4

読書中

0

既読

2

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください