青と黒の境界線

電撃文庫

久楽 美月 / マルイノ

2013年11月9日

KADOKAWA

649円(税込)

ライトノベル

星暦一九九三年八一日目。工業都市ノワールで発生した大規模な爆発事故により、世界は黒い煙幕によって覆われた。以来、降雨量が激減する。人々は自らが住む星を「雨の降らない世界」と呼ぶようになる。それから約百年ー。雨を世界から奪った魔女として「雨女」と呼ばれる少女がいた。彼女の周囲では、決して雨がやむことはない。そして雨女を運命の相手として追う青年が一人。彼こそ「晴男」だった。相容れないはずの二人が出会うことから、物語は始まる。枯れた世界を旅する二人の、切なくもファンタジックな冒険活劇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください