ひきこもりの弟だった

メディアワークス文庫

葦舟 ナツ

2017年3月25日

KADOKAWA

715円(税込)

ライトノベル

『質問が三つあります。彼女はいますか?煙草は吸いますか?最後にあなたはー』突然見知らぬ女にそう問いかけられた雪の日。僕はその女、大野千草と夫婦になった。互いを何も知らない僕らを結ぶのは、三つ目の質問だけ。まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に過去を追憶させていくー大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。これは、誰も愛せなくなった僕が君と出会い、“愛”を知る物語だ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.28

読みたい

24

未読

19

読書中

1

既読

68

未指定

61

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

葦舟ナツ「ひきこもりの弟だった」

--
0
2019年12月04日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください