春夏秋冬代行者 春の舞 下(2)

電撃文庫

暁 佳奈 / スオウ

2021年4月9日

KADOKAWA

803円(税込)

ライトノベル

「独りにしないで。お願い帰ってきて」世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれたー。『春』の少女神雛菊には生涯の忠誠を誓う剣士が居た。名を「さくら」。職位は代行者護衛官。愛する主を拐かした者へ、悲劇を傍観していた者へ、自分達を傷つけた全ての者に復讐すべく刀を抜く。主を守って死ぬと決めた。だからもう迷わない。師と仰いだ男への恋慕は捨てた。これより先は、覚悟ある者だけが進める戦場なり。いざや、春の舞を踊ろうぞ。暁佳奈が贈る、春を世に顕現する役割を持つ少女神の物語。堂々完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.53

読みたい

12

未読

14

読書中

0

既読

23

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください