源氏物語

まんがで読破 ジュニア 5

Teamバンミカス / 紫式部 / 谷口 孝介

2023年12月7日

Gakken

1,100円(税込)

絵本・児童書・図鑑

ときは平安時代。輝くように美しい皇子が生まれた。程なく政権争いを避けるため皇族から降ろされた少年は、源氏の姓を受け「光源氏」とよばれた。光源氏は早世した母・桐壼の更衣に似ているという、継母の藤壼の宮に思いを寄せる。しかしそれは許されない恋心であり、源氏は藤壼の宮への思いをふせたまま、葵の上と結婚することとなった。葵の上との関係がうまくいかず、源氏は多くの女性と契りを結んだ。やがて藤壼の宮によく似た少女・若紫(のちの紫の上)と出会い、彼女を引き取って育て上げ、正妻として迎え入れる。それでも藤壼の宮が忘れられない源氏は、ついに彼女と密通し、さらに政界の動きに翻弄されながらも、さまざまな女性たちと関係を持ち続けた。最終的に、紫の上が心労から亡くなったことで、源氏は出家を決意するのだった。光源氏の死後、その孫である匂の宮と、表向きは源氏の次男である不義の子・薫の君が台頭する。2人は宇治の姉妹に恋をしたのち、その妹の浮舟を愛するようになり、浮舟を巡って対立した。世を儚んだ浮舟は失踪するも、比叡山のふもとへと流れ着く。果たして浮舟はどのような決断をするのか…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください