桃鬼城伝奇

歴史群像新書

柏田道夫

1995年9月30日

学研プラス

939円(税込)

小説・エッセイ

戦国、下克上の時代。桃鬼城には桃乃木道政がいた。が、愛妾の裏切りで一夜にして落城。その夜、太郎丸は恐ろしい誕生を迎える。いくさと飢饉がつづく世には、あらゆる怨念が渦き、死の渕から怨みの魂が鬼となって蘇る。桃鬼城は、すでに暗雲たちこめる鬼の住処だ。その桃鬼城に乗り込む太郎丸らの死闘。第2回歴史群像大賞受賞作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください