亜欧州大戦記(vol.1)

歴史群像新書

青木基行

1997年5月31日

学研プラス

836円(税込)

小説・エッセイ / 新書

1940年、ソヴィエト連邦は独ソ不可侵条約を一方的に廃棄して西ヨーロッパ諸国への侵攻を開始し、ドイツ、フランスなどの国々はあえなくソ連軍に占領されてしまった。この時日本は、アメリカの仲介のもと第2次日英同盟を結び、密かに対ソ戦を決意する。そして1941年7月10日、日本軍は夜明けと同時にウラジオストックを奇襲した。ここにおいて、亜欧州(ユーラシア)大陸を戦火の渦に巻き込む世界大戦の火蓋が切って落とされた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください