沈黙の戦士(mission 1)

歴史群像新書

砧大蔵

1998年7月31日

学研プラス

836円(税込)

小説・エッセイ / 新書

21世紀を迎えたばかりのある年、中国人民解放軍が尖閣諸島に上陸した。安穏と暮らす日本政府に激震が走る。内閣安全保障室次長・沢村恭一は世界に対して発言できる日本を目指し、自衛隊出動に向けて動きだす。「災害出動」の名目で自衛隊派遣を決定する日本政府。しかし、その作戦は保身に汲々とする政治家たちによって手足をもぎ取られ、事実上の特攻になってしまった。周辺有事の際、自衛隊がどう動くかをシミュレーションし、その矛盾と悲哀を描いた問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください