なぜ日本の外交官は世界からバカにされるのか

海藤彬光

2002年10月31日

学研プラス

1,760円(税込)

人文・思想・社会

本書の目的は、外務省員にとっての「常識」を明らかにすることである。はたして外務省員にとっての常識は、世間一般の常識と同じものなのだろうか。それとも違うものなのだろうか。本書は、この点を明らかにするために、当の外務省員に何を「常識」と考え、何を「非常識」と考えるかを聞き、あるいは手記を寄せてもらい、それを再構成する形をとった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください