200X年日本中東戦争(scene 3)

歴史群像新書

森詠

2005年10月31日

学研プラス

935円(税込)

小説・エッセイ / 新書

日本政府の命令に背き、日本自衛隊はイラクで攻撃を受けた英豪軍を救出すべく、決死の救出に向かった。しかし、それを知ったイスラム過激派は激怒し、アメリカと共鳴して軍事行動をともにする日本に、報復テロを実行しようとする。それは、サウジアラビアの油田と日本本土に、同時に核爆弾を撃ち込むという恐るべき作戦だった。サウジアラビアから日本へ向かう航空機に密かに積み込まれた核爆弾は、核テロ攻撃作戦を決行するために、刻一刻と首都東京に近づいていく。これに気づいた雨竜と秘密諜報機関ヤマトは、果たして日本をテロ組織の魔手から救うことができるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください