戦国維新(3)

島津東征伝

歴史群像新書

荒川佳夫

2006年3月31日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

豊臣秀吉戦死の後、織田家当主・信雄を頂点に天下統一への動きが加速する。だが実権は徳川家康が掌握、信雄は傀儡に過ぎなかった…。家康に抹殺されるのを恐れた信雄が島津義弘を頼ったことから、事態は一変。打倒徳川の決意を固める義弘は、毛利・長宗我部ら西国諸大名に檄文を発し、団結を呼びかける。決起した反徳川の軍勢は、勇躍東進を開始。家康もまた、亡き織田信忠の遺児・三法師を織田家後継として担ぎ、反乱討伐の軍を挙げたー。関ケ原にて対峙する東西両軍勢、その数一八万!島津義弘は、遠く翻る三つ葉葵の旗幟を睨む。時に天正一七年九月、天下の帰趨を決する大会戦の火蓋が切って落とされる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください