天破三国志(scene 1)

歴史群像新書

吉本健二

2006年8月31日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

建安5年(200)、「江南の小覇王」暗殺の報が、中華大陸を駆け巡った。官渡にて袁紹と対峙する曹操は、好機とばかり合戦に専念する。しかしそのころ、都の許城を大変な事態が襲っていた。孫呉の大船団が、許都に攻め上ってきたのだ。なんとその先頭には、死亡の報が流れていた孫策の旗がひるがえっていた。孫策は曹操の野望を挫き、許都に座す皇帝を奪取するため、暗殺未遂事件を機に、大博打に打って出たのだ。江南に覇を唱えた孫策、わずか26歳。同年齢の美貌の親友・周瑜。眩しい若さに溢れる軍団が、乱世の梟雄・曹操を向こうに回し、熱き戦いを繰り広げる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください