覆天信玄戦記(上)

歴史群像新書

宇佐美浩然

2007年2月28日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「ありえない!」黒田官兵衛は、それを口に出す前に否定した。いまここに、あの騎馬軍団が現れることなど、絶対にありえないことなのだ。しかし、なぜか全身の震えが止らない。しくら理屈で否定しても、身体に刻み込まれた恐怖が、あの軍団の名を頭に浮かび上がらせた。そして、まもなく、その馬煙の中から、鬼より怖いと恐れられた騎馬軍団が姿を現す。その背に「丸に桔梗」「山道」「九曜」「十曜」「三つ石」の家紋が染め抜かれた旗指物を翻し、小細川と円明寺川に挟まれた原野へと駆け込んできたー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください