異上杉軍記(1)

歴史群像新書

工藤章興

2006年12月31日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

永禄八年五月、将軍・足利義輝暗殺。すべてをなげうって将軍家を援ける、と確約していた“越後の龍”上杉輝虎(のちの謙信)。だが、次期将軍候補の一人は、こともあろうに義輝を謀殺した三好三人衆らが推す義親(のちの義栄)。確たる後ろ盾のないもう一人の候補義秋(のちの義昭)は、近江・若狭・越前へと流浪し、暗澹の日々を送る。将軍暗殺から二年余ー度重なる義秋からの要請に応じ、永禄十年九月、毘沙門天の化身となった輝虎は、越後の精兵二万を率いてついに出陣。だが、その先に待ち受けていたのは信玄の策謀と“天下布武”を目指す信長の台頭だった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください