戦国の勇者(scene 3)

歴史群像新書

津野田幸作

2007年1月31日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

織田信長が暗殺された混乱に乗じて、怒涛のように進軍を開始した昌幸率いる真田軍は、美濃、信濃をほぼ手中に収めた。その後、安倍川の決戦で家康率いる徳川軍を粉砕した昌幸は、駿河の大半を支配する。そんな中、幸村は九鬼水軍の頭領である嘉隆を鳥羽に訪ね、真田水軍を創り上げるべく奔走する。他方、追い詰められた家康は岩村城に攻撃を仕掛け、同時に伊勢にも侵攻を開始した。一方、真田軍は東美濃に侵攻し、さらに岐阜を狙おうと画策する。台頭する真田軍団の勢いに脅威を感じた羽柴秀吉は、織田信孝の要請を受け、大軍を率いて昌幸を討つべく出陣した。そして、真田軍と羽柴軍は、ついに霧の関ヶ原で激突を開始する。果たして、関ヶ原大決戦の雌雄は如何に。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください