新真田大戦記(5)

歴史群像新書

竹中亮

2007年4月30日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

関ヶ原の戦いで敗れた西軍は、京・大坂を押さえて朝廷を抱え込み、徳川家康と睨み合いを続けていた。一方、大谷吉継の遺言により、豊臣家と西軍の後事を託された真田幸村は、四国の長宗我部家の危機を救った後、備前に上陸する。家康に唆されて兵を起こした宇喜多家の反乱軍を、岡山城において粉砕するのだ。だが、その間にも家康は淀の方に取り入り、西軍と和議を結ぶことを画策する。それは和睦すると見せかけて、徳川の大軍を京に送り込む謀計にすぎなかった。家康の上洛を阻止すべく、真田幸村は関ヶ原において火炎の陣を仕掛け、徳川軍を迎え撃つ。幸村の狙いはただひとつ、家康の首級を討ち取ることである。次々と開かれる家康の百計を、果たして幸村は阻止することができるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください